歯石についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科でのキシリトール効果

新着情報

歯科におけるキシリトールの使用

キシリトールは口腔内の細菌による酸の生産がほとんどないことから、虫歯予防の甘味料として、ガムや飴などに使用されています。しかし再石灰化を促進して虫歯を治すという作用に関しては、証明されていないので、唾液による歯の再石灰化効果の可能性もあります。歯科専売のキシリトールガムは100%から90%の比率で含まれていますが、市販されているものの中には虫歯予防の効果を発揮するには比率が少ないものもあります。また長期間の摂取によって効果が高まる性質があるので、毎日継続して摂取し続けることが大切です。また進行した虫歯を再石灰化によって治す効果は無いので、この場合は、歯科医院に行く必要があります。

キシリトールの予防効果

キシリトールとは主に白樺の樹液から採取されたサトウに変わる甘味料です。酸を発生しないので虫歯予防効果があるとされ、ガムやタブレットなどの菓子類に使われています。また、近年では、虫歯菌の働きを弱めたり、歯垢の粘着きをなくすという効果もあるとされ、より注目され、歯科での虫歯予防に効果t的といわれています。歯垢のネバネバがなくなるということは、歯磨きで汚れがとれやすくなり、歯石がつくことを防ぐことができるので歯周病予防にもなります.ガムは噛むということで唾液が沢山出て、脳の血流も良くなるので特に中高年におすすめです。乳幼児にはタブレットがあります。だた、その含有量が100%のものは歯科医院などでしか手にはいらないかもしれません。スプレー式のものやタブレット、ガムなど相談し予防に取り入れてください。