歯石についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科の医療費控除について

新着情報

歯科診療も医療費控除の対象

普段、病院だけではなくて歯科医院も受診されているという方はいらっしゃいませんか。実は、病院での医療費だけではなくて、歯医者さんでの診療の費用も医療費控除の対象になります。病院までの交通費などもそうなのですが、歯医者さんで処方されたお薬などもその対象になります。いくら掛かるのかは、一年間トータルでみないとわかりませんが、医院や歯医者を受診された際は、領収書などをきちんと保管しておきましょう。また、エクセルなどを使うと簡単に控除の計算も出せますので、活用なさってみてはいかがでしょうか。確定申告の際に大切なものになります。

医療費控除の対象になる歯の治療

医療費控除とは、一年間に支払った医療費の自己負担額が10万円を超えた場合に、払い過ぎた所得税が還付される制度です。歯科の治療で医療費控除の対象になるものは、虫歯や歯周病、歯列矯正などです。例外もありますが、基本的に保険診療分は対象になります。その他に、通院にかかった交通費も対象になります。また、子供の通院の場合は、付き添いの大人の交通費も認められます。ただし、交通費は公共の交通機関を使ったときのみで、タクシー代や自家用車で通院した時のガソリン代や駐車場代は認められていません。また、予防や美容を目的とする歯科治療に関しては対象にはなりません。